2009年2月アーカイブ

「赤水」には要注意!

|

先日、ある客様から漏水のSOSがありお伺いしたところ、ボイラー周りの配管からでした。

築27年のそのお宅は、給水、給湯共に新築当時のままの鉄管を使用していたため、錆びた鉄管にピンホールができ、そこから勢い良く噴き出していたのでした。

その日はすぐに工事に入れませんでしたので、応急処置として「圧着ソケット」という部材を使用することで漏水を一時的に止め、改めて工事の段取りを取ることにしました。「圧着ソケット」は最近ではホームセンターでも販売されており、六角レンチで漏水部分を締め付けるだけの簡単施工ですので、ひとつ持っていると、こういった事態にはとても便利です。

▼これが「圧着ソケット」です。

haikan2.JPG

今回漏水したのはボイラー周りだけでしたが、その他の経路も同じ鉄管を使用しており、台所や浴室からも赤水(錆びた水)が出ておりました。そのため、時間の問題で同じ現象が起こり得るため、これを機会に全て銅管に交換することにしました。

銅管は、鉄管に比べ錆びづらいため耐応年数が長く、リフォームで配管が露出する部分が多い場合には一般的に銅管を使用しております。

ちなみに、新築では現在ポリ管が主流となっており、当社でも採用しておりますが、やはり石油製品は腐ったり、錆びたりすることがないのでこういった漏水の心配がほとんどなくなりました。

 

数日後、銅管に入替えるための工事に取り掛かりました。

配管をばらしてみると、漏水していた箇所のすぐ横にも予備軍があり、水がわずかににじみでておりました。

▼すぐ横からも漏水が...

haikan3.JPG

さらに、キッチンを取り外し、配管の保温筒を外したところ継ぎ手のところからも水漏れが‥。

▼キッチンの裏は、こんな感じになっています。

▼保温筒をめくってみると...

haikan4.JPG

 

これらを見ると、予想した通り、時間の問題だったことがわかりますよね。

 

みなさまのお宅はいかがですか?

自宅の水道管が鉄なのか銅なのかなんて、あまり気にされたことがないかもしれませんが、築20年以上で赤水が出るようなら要注意ですよ!

最後になりますが、錆びた配管の内部の様子です。これを見るとみなさま「うわっ!」と驚かれます。

▼築27年の鉄管の内部を大公開!

haikan5.JPG

 

昨シーズンは、どこのお宅でも灯油代の高騰により、使用を控えたり、ストーブの温度を例年より低くしたり、皆様さぞご苦労された事と思います。 市内在住のK様邸は、給湯、暖房セントラル、融雪用と3台のボイラーを使用していたため、昨シーズンは、かなりご苦労されたとのことで、ランニングコストをいかに低減させるかが、今回の工事の最大の課題でした。 一般的な戸建住宅より床面積も1.5倍程大きい為、通常の戸建住宅規模まで、ランニングコストを下げる試算が必要でした。 K様宅ではお料理は絶対に『ガス』という譲れない点があり、ガスコンロを含むオールガスセントラルのプランで、お見積りを提示させて頂きました。

【改修前】

<暖房系統>

LDK(30帖)にセントラルパネル3台 ダイニングキッチン(8帖)にパネルが1台 洗面/トイレ/玄関ホールに各1台寝室(12帖)に2台 ウォーキングクローゼット(4帖)に1台 二階は洋室A(10帖)に1台 洋室B(6帖)に1台 洋室C(16帖)に2台 トイレ/納戸各1台 だいだいのおうちの大きさは想像つきましたか?

<給湯系統>据置型の給湯ボイラー(12年使用)を撤去 

<都市ガス> 年間 30,000円          

<電気料金> 年間 180,000円

《これまでの灯油使用量》

H19年10月~H20年9月の灯油代 (融雪ボイラー除く) セントラル+給湯ボイラー:昨年相場で約40万円   

koujimae.JPG 

【改修後】

<暖房系統>

LDK(30帖)に灯油ストーブ1台 ダイニングその他の部屋のパネルヒーターは、各部屋の大きさにあった容量のパネルヒーターへ交換。 但し、台数は変わりません。 二階も、各部屋の大きさに見合った容量のパネルヒーターへ交換致しました。

<給湯系統>

エコジョーズは、暖房給湯一体型の為、暖房系統とあわせて一台の熱源の為、給湯機器の周りの配管工事だけで済みます。

 

haikan.JPG

kumitate.JPG

{今シーズンのランニングコスト}試算データ含む

H20年10月~  エコジョーズ 約250,000円電気料金 180,000円は、変動ナシとしても、年間約150,000円もお得です。

ちなみに灯油の使用量は、融雪ボイラーとストーブとあわせても、例年とかわりませんでした。(雪の降雪量にもよりますが)

天然ガスを使用した暖房給湯一体型の熱源を使用するエコジョーズ。尚且つ、ランニングコストが下がるからお得です。今年の灯油代は、比較的例年に比べて安価ですが、こんなにお得な工事の事例もございますので、お気軽にご相談頂ければと思います。   

「小さな雪まつり」

|

はじめまして。設計部のCです。

今年の冬は暖冬かと油断していると、やはり毎年の積雪は決まっているのでしょうか・・・帳尻合わせのようにこの三日間は降りましたね~吹雪・吹雪吹雪と週末はウチから出られませんでした。

今月初旬に札幌中心部で行われていた雪祭りに影響され、我が家では「小さな雪祭り」が開催されました。

我が息子2.5歳と私の母と三人で庭に『アンパンマンと仲間達??』の雪像が造られました。

我が子だけが大喜びp(^◇^)q    

yukimatsuri.JPG

この雪で もう一度「第二回小さな雪祭り」が開催できるでしょうか。。。

 今回の事件は、あるアパートで起きた水漏れ事件の報告をさせていただきます。

 ある日、当社に1本の電話が入りました。

           「天井から水が漏ってきて大変なんです!」

 それは、昨年当社が外壁や屋根の改修工事でお世話になった、アパートの住人の方からでした。

           「えぇぇっ!! まさか、張り替えたばかりの屋根からすが漏れか!?」

 と、一瞬不安が過ぎりましたが、お電話をいただいたのは屋根の下の2階の方ではなく、1階の住人の方でした。

 おかしいなと思いながらもすぐさま現地に駆け付けたところ、水が既に退いた状態でしたが、天井には確かにシミが出来ていました。
    P2230100 - shimi.JPG                                         ▼天井にシミが‥

  そこで、天井を壊して確認したところ、すぐ上に配管(水道管のことです)が通っておりましたが特に問題は無く、その横に2階のトイレの排水管もありましたが排水管からも漏っている様子がありませんでした。

 「もしや、この水漏れ事件は1階では無く、2階で起きているのでは!?」

 と思い、2階の住人Aさんに1階の水漏れの件を話したところ

  「水を流したら急に溢れて来て、止めようが無かったんです‥

と、すまなそうに私に言うのでした。

                                         ▼通称「シュポシュポ」でつまり解消!

P2230131-tumari.JPG つまり、「トイレつまり」(軽い冗談です(笑))が原因だと判明しましたので、このつまりをシュポシュポで解消し、この事件は無事解決したのでした。

 しかしながら、なぜつまったのか...。

 通常1階トイレの排水管は直径100㎜の物を使用しますが、2階は1階の天井と2階の床との間で排水管を横に振る必要がある場合、スペースの問題で75㎜の細い管を使用することが多いのです。そのため、1階では難無く流れて行く汚物や紙が、2階ではそうは行かない場合がでてきてしまいます。

 今回起きた事件は、そこに謎が隠れていました...。

 最近越して来た2階の住人Aさんは、それまで実家のトイレ、すなわち1階のトイレを使用していた為、多少紙の量を多く流したりしても、溢れる事無く流れていたのです。
 ですから、アパートに引っ越してからも、当然普段と変わらず紙の量など気にせずに使用していたので、勢い良く流した水が流れきらずに外へ溢れ出てしまったという訳です。
 しかしながら、今回の事件はAさんを責める事は出来ないと私は思います。
  だって、そんなことを一般の方が知っているはずがないのですから。

  間取りの関係で、排水の位置を変えることが出来ない為、2階の住人Aさんには、その旨ご説明し、これからはこまめに水を流しながら使用して下さいと、念を押し私は現場を離れました。
 

 本件はアパートでしたが、一般住宅でも2階の排水管は同様に75㎜がほとんどです。
皆さんも、事件を起こさない様、気を付けて水を流すようにして下さいね。 

工事部 銅住
                                       

 私共、エストホームでは、以前からご愛顧を頂いております当社の新・リノベーションシステム「一家暖らん」を次世代基準の住宅へとより進化させるべく、断熱・耐震等を改良した形でご提供させて頂く為のデータ収集に、ご協力して下さるオーナー様を募集します。

 具体的には下記の項目を現地調査の上、診断結果をコンピューターで数値化することにより現状の建物の耐久性や壁のバランス等を目視による判定と併せて、最終的には「住宅診断判定表」として作成致します。また、皆様の大切な住まいの「成績表」として参考にして頂ければと存じます。

 皆様から頂く築年数・構造・立地条件等の貴重なデーターを基に、次世代型「一家暖らん」としてのベストパフォーマンスを構築したいと考えております。

 

※上記の通り、住宅診断に掛かる費用は全て無料です。工事の計画が有る方も、まだまだ        計画の無い方も是非この機会に住まいの「成績表」をご覧になってみませんか?

 

※今ならご協力頂いた方、先着20名様に「QUOカード1,000円分」をプレゼント致します!診断の申込・お問合せは、当社HP上の「ご相談・資料請求フォーム」か、専用ダイヤル011(774)8282までご連絡下さい。

 

                       (無料診断内容)

  ①壁量計算・・・・・・地震や風圧に耐えうるだけの耐力壁が充分にあるかを判定

  ②偏心率判定・・・・建物の重心、剛心を割出し、耐力壁がバランス良く配置されているかを判定 

  ③基礎・構造体・・・基礎部分の亀裂や構造体の腐食などがないかを診断

  ④雨漏り・水漏れ・・屋根や外壁からの水の浸入跡がないか、水漏れ箇所がないかを診断

  ⑤断熱性・・・・・・・・床下や屋根裏などの断熱状況を診断

  ⑥換気・・・・・・・・・・室内、床下、小屋裏などの断熱状況を診断

  ⑦その他・・・・・・・・必要箇所                                                          

世界的に地球温暖化が叫ばれ始めて久しくなります。とは言ってもここは北海道、冬になれば当然「雪」が降り、雪が降ればこれも当然「雪対策」を講じないと様々な障害やトラブルが発生してしまいます。今日紹介するのは、その中でも屋根についての雪対策です。

東区のT様宅、同じく東区のアパートNハイツでは、基本的に屋根の雪下ろしが必要ない「無落雪」の屋根なのですが、北西からの風で反対側の屋根先に「雪かぶり」や「雪庇」が発生し、放っておくとお隣さんの敷地や物置に「ドサッ!」っという事になり毎年悩まされていました。

 

                                       そこで取付をしたのが「スノーガード」

 

003.jpg IMG_2082.JPG この「スノーガード」は、先端部にある振動板が風で振えることにより、屋根面への凍りつきや雪かぶりを抑え、設置後の雪庇を防止し、すべての屋根形状に対応しています。また、屋根融雪ではないのでランニングコスト「0」というスグレモノなのです。材質はガルバリウム鋼板製なので長期間鋼板の錆を防ぎます。

「重大に扱うのは莫迦莫迦しい」けれど「重大に扱わないと危険」な雪に対し、こんな雪対策はいかがでしょうか?

 

004.jpg

005.jpg                                                                       

  防犯対策にはいろいろなものがありますが、高価なセキュリーティーシステムを設置したり、鍵を何重にも付けたりしなくても、

       単純に光で驚かすだけで、高い防犯効果を得ることができるそうです。 

 写真の照明器具には人感センサーが付いており、人が近づくとセンサーに反応し 単純に光るだけの商品です。

 突然明るくなることにより、泥棒が驚き怯むでしょうし、明るい中では泥棒作業(なんと表現したら良いのか...)も目立ち過ぎて無理でしょう!!

 防犯対策を検討中のみなさん、ぜひ参考にしてみてください。(低予算でできますよ)

 

工事部 欠ノ下                                                                                                                                                                      

  • 222.JPG          111.JPG

 

 オール電化への改修をご検討されていたお客様(札幌市のT様)からのご依頼で、壁掛用の給湯ボイラーを撤去し、「エコキュート」(ナショナル 370L 寒冷地仕様 HE-F37AZMS 定価660,000円)を設置しました。

 以前から、IHヒーターは使用しておりましたが、今回エコキュートを設置する事で、暖房や給湯についても電化にし、オール電化に改修したいとのことでした。また、「札幌市ecoエネルギープロジェクト」(詳しくは札幌市役所のホームページ参照してください)の無利息の融資を利用したいとのことで、市に融資の申込みをし工事を進めました。

 工期が約3日要するため、その間、工事の時間帯以外はお湯を使用できるように、工程を調整しました。  

 工事初日、設置場所には常に約370kgの荷重がかかることになるため、床の補強を施した後、給水給湯配管を床下から引込。 電気の配線(200V)も、この時に敷設しておきます。

▼Before                   ▼床下の補強状況   ※クリックすると拡大します。                                                                                   

osiiretyakkoumae.JPG    yukasitahokyou.JPG      

 二日目は、エコキュート本体の搬入設置ですが、T様宅では階段下の一間幅の押入に設置することにしました。そのため、本体は冷蔵庫ほどの大きさがあるのですが、スッキリと収めることが出来ました。 

 工事初日に、配線した電気の線や給湯配管も、本体の手前側に立ち上がっているので接続は容易にできるようになってます。 また、エコキュートにはエアコンと同じ様な室外機がありますので、床下から室外機への配管施工を行い、設置状態のチェックと試運転を行います。

 ▼施工中 (配管接続状況)       ▼After   ※クリックすると拡大します。                           

ekokyutosetuzoku.JPG   kannryo.JPG 

 最終日の三日目は、床下の配管の保温等の仕上げだけでしたので、午前中だけ で完了しました。

 気になる電気代については、試算データはございますが、実際の使 用頻度によって増減があるかと思います で、春になりましたら 冬期間のランニングコストをT様に教えていただき、 のブログに てお伝えしたいと思います。

 お楽しみに!

札幌市T邸 間取り変更工事

 リビングやキッチンが2階にある間取りでしたが、近い将来の親御さんと同居することになることから、それに備え、1階部分にリビングとキッチンを設けたいとのご依頼をいただきました。
 既存の和室を解体し、隣の洋室と一体化させることにより、約20畳のLDKに大変身。テレビを見ながらの家事がご希望でしたのでキッチンは対面式に。
スライド収納タイプのサンウェーブ製システムキッチンは、収納力抜群。同柄の食器棚カウンターを設置したので収納力は更にアップ。
 また、調理器具は火を使わず安全なIHクッキングヒーターを選択。最新のオールメタル仕様なのでお鍋を選びません。
 仏間は生かしたいとのことでしたので、お部屋の雰囲気に合わせ洋室タイプに変更。出入口の建具やサッシの位置は変えず、内部の改修だけで済む様プランニングしましたが、違和感無く仕上がりお施主様も大満足です。

▼Before                         ▼After   ※クリックすると拡大します。

IMG_3191B.jpg         IMG_3866b.jpg

      ▼Before                         ▼After   ※クリックすると拡大します。     

        IMG_3152B.jpgのサムネール画像          IMG_3864.JPG

▼After   ※クリックすると拡大します。                ▼After   ※クリックすると拡大します。

IMG_3877.JPG                   IMG_3848.JPG

テナントリニューアル

|

店舗のリニューアルや新規出店のお手伝いもさせていただいております。

▼Before

h_001_b.jpg  h_002_b.jpg

▼After

h_001_a.jpg h_002_a.jpg

札幌市 スープカレーのお店

水周りリフォーム ユニットバス

|

バリアフリータイプが主流になったユニットバス。
半身浴タイプやサウナ付などもあり機能性抜群。
サッシを設けることにより明るく開放感が生まれ、換気にも良いです。おすすめです。

▼Before

m_ub_b.jpg

▼After

m_ub_a.jpg

半身浴も可能な浴槽は1坪タイプなので広々としています。
また、洗い場の床はサーモフロアーとなっているため、冷たさを感じさせません。

こだわりのL型キッチンをスライド収納付のシステムキッチンに変更。
収納力がアップしお鍋や食器、レンジ等もスッキリ。

▼Before

s_kitchen_b.jpg

▼After

s_kitchen_a.jpg

札幌市 S邸

既存の外壁の上に上張りする、外装リフォームの定番。
施工後のメンテナンスが少ないのが魅力。
外観のイメージチェンジにもなります。

▼Before

s_gaiso_b.jpg

▼After

s_gaiso_a.jpg

札幌市 F邸

エストホームのホームページをリニューアルいたしました。このブログにて、施工中物件の最新情報や、リフォームのビフォーアフター事例など、様々情報をお送りいたします。新築注文住宅をご検討のお客様、リフォームをお考えのお客様に、ためになる、有用な情報をたくさん更新してまいりますので、ご期待ください。
株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28